サッカー選手って筋肉すごいよなー

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ワールドカップのあったとしなので、今年はよくサッカーをみましたね。サッカー選手は筋トレもしつつ、試合では何十キロという距離を走っているので、体脂肪というのがとてもすくないようですね。長友選手なんて、体脂肪数パーセントだっていう話もよく聞きます。一試合終わると、体重が数キロ減るなんていうことも聞きますよね。

やっぱり有酸素運動っていうのは、体重を落とすためにはとても効果的なんでしょう。スポーツ選手は、食べることも訓練っていうくらいですから、運動量も大変で、食べないと体重が減っていくだけっていうことになるみたいですね。

これは、一般人の僕達では体験できないことかな。僕がジムなどで運動したあとは、むしろお腹がすくくらい(笑)。ジョギングしても、汗かくからビールをめっちゃの見たくなる(笑)これじゃ、体重なんてへるわけないですよね。まあ、今からスポーツ選手なみの運動量にするっていうのは、はっきりいって不可能です。会社もありますから、定時に終わったとしても、18時過ぎ。それから運動をするとなると、19時過ぎにジムに行って、どんなに頑張っても2時間くらいが限界です。あまりジムで運動しすぎちゃうと、次の日に変な影響をもたらしてしまいますから。

 

ちなみに、オランダのクリスティアーノ・ロナウドの腹筋ってめっちゃすごいですよね。シックスパッドのイメージキャラクターなので、知っている女性もいるかと思いますが。

シックスパッドの話がでたので、いい機会なのでシックスパッドで腹筋が鍛えられるのかという話なのですが、ほぼ無理なようですね。

というのも、EMSっていったかな?電子腹筋マシーンは電気の刺激で腹筋を動かして腹筋を鍛えようってことらしいのですが、周波数の関係であまり影響ないみたいですよ。というのも、電子刺激が早すぎて、腹筋が動いているという認識にはならないそうです。もうちょtっとゆっくりのペースで腹筋を刺激してくれるのなら、腹筋の効果はあるそうなのですが、今のEMSだとほぼ腹筋が動いているという認識をする効果はないそうです。

安価なやつは、その傾向が顕著にあらわれるそうで、高価なもの、ロナウドがCMやっているような奴だと、多少は腹筋に影響があるそうですが、実際はあまり影響という意味では少ないってはなしを聞きました。

あれって、3万円くらいするんですよね。めっちゃ高いなって思いました。それで効果があまりでないというのなら、ぼったくりというかなんというか・・もし効果のないものに3万円も突っ込むくらいなら、ジムに4ヶ月通う資金にしたほうが、いいですよね。パーソナルジムは個人指導なので高いですが、一般の人たちがするようなオープンなジムは月額だと5,000円くらいが一般的なんじゃないでしょうか。だとしたら、6ヶ月ジムに通うことができる計算になります。しかも、色々な筋トレ器具があるので、自分が筋肉を付けたいところを重点的にいじめることができるので、ジムに通う資金にした方がいいんじゃないかなって思います。あれですよ、人間は楽っていうことに意識を奪われがちです。お腹にはっておけば腹筋がわれるならめっちゃ楽ですよね。加圧シャツもそうです。ぴっちりとしているから多少窮屈で不快かもしれませんが、加圧シャツを着ていれば体に筋肉がつくというのなら、人間は楽な加圧シャツに走ると思います。だけど、個人的には加圧シャツとジムでの筋トレ、どっちが体に筋肉がつくのかって聞かれたら、はっきりとジムでの筋トレの方が筋肉が付くよって言ってあげたい。

 

そういう、楽な方向に走るのではなく、しっかりと原点に戻って体を動かすって言うのはとても大事だと思う。だけど、気持ちはわかりますけどね(笑)

HMBは違いますよ。楽して筋肉を付けようというのではなくて、頑張った筋トレを更に効果的にっていう意味合いですから。僕はHMBを飲んでますが、楽して筋肉をつけようとする気持ちは・・・・・・あります(笑)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。